未分類

ユニフォームの持つ力

ユニフォームにはどんな効力があるのでしょうか。基本的には、その学校やチームなどを試合の中で識別する為の物です。例えば、サッカーを例に挙げると、メインとサブと二種類のユニフォームを作っています。これは、相手チームとメインの色が同じになってしまった場合に、もう一つのユニフォームで対応するためです。サッカーは一つのフィールドの中に22人という人数が一緒になってプレーするからということです。サッカーと同じような理由でバスケのユニフォームもリバーシブルになっているもがあります。
しかし、これが野球になるとたとえよく似たユニフォームでも攻守がハッキリと分かれている為に、同じようなユニフォームでもそのまま試合を行っています。

では、ユニフォームはこの識別だけでしょうか。プレーをしている方々は、それ以上に気持ちの部分に変化があるのです。ユニフォームを貰えると言うことは、そのチームには必要な存在なのです。ユニフォームを着用した時には練習とは違った気持ちで入ることが出来るものです。これは、その自分が行っているスポーツを本気で取り組んでいるという証拠になってきます。

ユニフォームを着用した時に湧き上がってくる力をそのままプレーで表現することが可能になってきます。本当にこのチームのユニフォームを着たいという気持ちがあれば、そのユニフォームを着用している自分自身をイメージした状態で練習をしてみるのも大きな力をもたらせてくれるのです。

ユニフォームは勝ち取る

自分が所属した学校や、チームの状況や方針によっては、全員がユニフォームを手にする場合もあります。しかし、それだけで満足しない気持ちを持つことも大事です。たとえ、全員がユニフォームを持つことになっていても、背番号などが必要なユニフォームであれば、自分の好きな番号を持ちたいと思う方もいらっしゃるでしょう。その為には、自分がこのチームには必要な存在であるということをしっかりとアピールしておきましょう。

ユニフォームを自分の希望を叶える為には、相当の努力も必要になってきます。自分がしているスポーツの競技力を上げる為には、強い気持ちと、ぶれない軸を持ち続ける事がポイントになってきます。毎日の練習の中でのトレーニングの負荷を個人的に上げたり、練習以外でのトレーニングに励んだりとストイックになることも良いでしょう。

ユニフォームをしっかりと自分のものにする為の努力には、時間もお金も惜しまないということも、人生の中でも自分自身へのメリットになります。そうした事を繰り返してユニフォームを勝ち取りましょう。基本的には、ユニフォームがカッコイイからという理由で進路を決めている方々は少ないと思いますが、自分が所属した場所のユニフォームをまず誰よりも先に勝ち取る強い気持ちを持っておくことがユニフォームを手にするポイントになってきます。

ユニフォーム着用の喜び

ユニフォームは手にすることで喜びが生まれます。これが例えば、レギュラーにならないともらえないというようなチームのユニフォームであれば、その喜びは更に増すことでしょう。そうでなくても、ユニフォームを手にするとそれだけでもモチベーションが上がりますので、これからの練習にも力が入ることでしょう。

これまで練習の中で努力してきた結果が結びついた瞬間となります。スポーツをしている方々は、このユニフォームを着用することによって、心のスイッチがオンとなり、良いパフォーマンスを出すことが出来るのです。練習では、ユニフォームを着用しながらトレーニングを実施することはあまりありません。それだけこのユニフォームは特別なものとなっています。試合などでは、ユニフォーム姿となった自分や仲間達といつも以上の技術を出すことが出来る気持ちにもなります。これがチームワークになります。

また自分の人生の中で、色々な学校やチームに所属することになるでしょう。その都度カラーやデザインの違ったユニフォームを手にします。これらを手元においておくと、自分が成長していく過程での思い出の品になってきます。見返す度にこれまでの思い出に浸る時間を持つのも良いかもしれませんね。

ユニフォームの価値観

ユニフォームは、スポーツの世界では必ず存在するものという認識にもなっています。スポーツ以外でも、企業でもユニフォームは存在しています。普段着用する服装とは違って、袖に手を通すことによって、よしやるぞという気持ちになります。ユニフォームはそのチーム、企業によって価値観も違ってきます。例えば、スポーツで強豪チームや、日本代表チームなどのユニフォームは、プレーしている選手にとっては特別なものになります。

ユニフォームを手に入れる為に日々のトレーニングも地道に重ねていく中でしっかりと自分の力をつけていきましょう。それこそがユニフォームへの近道となります。またユニフォームをどう感じるかという部分においても、個人差は必ず存在しています。軽い気持ちで手にする人もいれば、本当に欲しかったという気持ちで手にする人それぞれです。これはその方々の価値観による違いになってきます。貰えると誰もが嬉しいことですが、これまで実施してきた努力が大きな方の方がきっと、貰った時の喜びも大きなものになっているでしょう。

ユニフォームを手にした後は、そのユニフォームを着用して試合に出続けるという新たな試練がやってきます。これまではユニフォームを手に入れることだった目標が、今度は試合に出続けるという目標にシフトしていきます。こうしてスポーツの世界では、ユニフォームの価値観を感じながら、そしてそれを自分の成長する力に変えながら、どんどん成長していくものなのです。